DAIICHI つの社長の日記
<<ひとつ前の投稿へひとつあとの投稿へ>>
2012年06月22日
商品の「売り」をお客様に伝える
本日の午後は、4件の打ち合わせでした。

最後の打ち合わせは、
豪徳寺宮の坂のベーカーズファームです。
イートイン客席をより利用しやすくするためのものでした。

昨年11月にOPENしたお店は、
製法、素材に徹底的にこだわり、
ひとランク上のパンを提供しています。

写真の「6月のおすすめパン」の小さなチラシは、
すべてのお客様の商品に同封しているものです。

お店のなかだけでなく、
自宅に帰ったあとに「次回の来店動機」につなげる
販促ツールはいいですね。

お客様は、
お店のなかで、何を買おうか迷われますが、
結局いつも買っている商品を、また買ってしまうということがよくあります。
おなじみのよく知っているパンを買うのは当然で、
「よくわからないパン」にはなかなか手がでません。
逆に言うと、
すべてのパンに興味を持ってもらえれば、
お客様の購買欲はさらに広がります。

お店の商品の「売り」を、
お客様にちゃんと伝えることは、
美味しいパンを求めているお客さまに対して、
お店の義務です。
Posted by つの社長(角田 誠) on 00時35分12秒 │Comments(0)TrackBack(0)
この記事のURL  http://www.blsnet.co.jp/blog/dai1-t/index.cgi?mode=show2&ID=246
このブログのトップページへ
 この記事へのトラックバックURL
http://www.blsnet.co.jp/blog/dai1-t/trackback.cgi/246
 この記事へコメントする
名前 : メール :
URL :
コメント :
Copyright (C) 2004 - 2017 DAIICHI つの社長の日記. All Rights Reserved.(master)