DAIICHI つの社長の日記
<<ひとつ前の投稿へひとつあとの投稿へ>>
2005年12月22日
コンパクトシティ
今朝のニュース。

政府が「まちづくり3法」(中心市街地活性化法、大規模小売店舗立地法、都市計画法)の見直し案をまとめました。
都市計画法の改正案は、中心市街地(駅前など)の活性化を図るため、郊外の大規模小売店の出店を規制しようというものです。

「まちづくり3法」は、制定され7年たちましたが、当初期待された効果が得られず、全国の中心市街地は活性化するどころか、3法制定時よりさらにさびれてしまった。
開発業者は、主に郊外の工場跡地を大型ショッピングセンター化した。
その結果、都市が拡大化する傾向になり、人口減少していく近未来の「都市計画」に地方自治体が危機感をもったようです。

コンパクトシティ」という考えがあります。
住居、商業施設、公共建築物などをコンパクトにまとめて、効率の良いまちづくりを目指そうというものです。
政府、地方自治体がそれを目指すのであれば、ある程度の流れができるはずで、「コンパクトシティ」はこれからのまちづくりのキーワードになるでしょう。

しかし、
「どこに住むか。」
「どのお店で買うか。」
は、市民の選択です。
結局は、お客様にしっかり目を向けて、
商人スピリットを持ったお店が選ばれるはずです。

http://www.dai1-t.com/
Posted by つの社長(角田 誠) on 09時52分55秒 │Comments(0)TrackBack(0)
この記事のURL  http://www.blsnet.co.jp/blog/dai1-t/index.cgi?mode=show2&ID=18
このブログのトップページへ
 この記事へのトラックバックURL
http://www.blsnet.co.jp/blog/dai1-t/trackback.cgi/18
 この記事へコメントする
名前 : メール :
URL :
コメント :
Copyright (C) 2004 - 2019 DAIICHI つの社長の日記. All Rights Reserved.(master)