DAIICHI つの社長の日記
<<ひとつ前の投稿へひとつあとの投稿へ>>
2011年07月01日
ベーカリーの外装
お店の外装は、新規のお客様の入店動機に直結するのでとても大切です。
「初めて入るお客様」は、初対面の方に会うときのような不安を持っていて、その第一印象で相手を推しはかります。
お店を訪れるお客様も同様で、お店の外観からそのお店のポリシーや商品、技術を感じとります。
ベーカリーの外装は、「おいしそうなパンがたくさんありそうな雰囲気」を醸し出すことがポイントです。

手づくりパンの魅力をアピールするためにには、使用建材に気を配ります。木材、レンガ、石などの天然素材や左官塗り壁などが多く使われます。
草加 に先日オープンした「bakery MURANOYA」の外装材は、無垢の木板(SPF材)に白色染色の上、防腐処理をしました。

駅前の中心市街地は、「防火地域」や「準防火地域」など指定されている場合が多く、延焼の恐れのある部分では、防火構造にする必要があるため、原則として外壁に木材は使えません。
(使用できる材料や加工方法はあります。)

草加「bakery MURANOYA」は、それらの防火地域指定がないので、天然木材を使用した温もりのある外装が、可能となりました。

限られた建築条件と、
限られた予算で、
最大の魅力あるお店をつくるために、
店舗の専門家にご相談ください。

http://www.bakery-shop.jp/

Posted by つの社長(角田 誠) on 20時58分58秒 │Comments(0)TrackBack(0)
この記事のURL  http://www.blsnet.co.jp/blog/dai1-t/index.cgi?mode=show2&ID=214
このブログのトップページへ
 この記事へのトラックバックURL
http://www.blsnet.co.jp/blog/dai1-t/trackback.cgi/214
 この記事へコメントする
名前 : メール :
URL :
コメント :
Copyright (C) 2004 - 2020 DAIICHI つの社長の日記. All Rights Reserved.(master)