DAIICHI つの社長の日記
<<ひとつ前の投稿へひとつあとの投稿へ>>
2006年06月06日
札幌行ってきました2〜新さっぽろ編
1日目午前。JR千歳線で「新札幌駅」に到着。

ちなみにこの駅
JRでは、「新札幌駅」なのに、
市営地下鉄では、「新さっぽろ駅」です。
どっちなんだよ!と突っ込みたくなりますが、いずれにしろ
札幌の副都心ということです。

ここでの目的は、駅の真向かい複合商業施設「カテプリ」のB2F
どんぐり新さっぽろ店」です。
「ちくわパン」で有名な「どんぐり」ですが、
1日に売上100万くらい…と聞いていたのでそのお店の魅力は??? と楽しみでした。

到着したのがAM11:00前ということもあったのか、
まだ閑散とした駅前を抜けて「カテプリ」に入り、地下へ移動します。
まわりを見渡すと、すぐに「そこだ!」とわかる人だかり。

通路をはさんで、ベーカリーカフェが相対しています。
計6台あるレジは、どれもレジ待ちの列が並んでいます。予想をはるかに超えた盛況に驚きです。
レジ1台を朝から夜までフル稼働すると約50万円の売上が見込めることを考えれば、午前中でのこの出足ならば、おそらく200万を大きく超えた売上が予想されます。

よく見ると、TVカメラが取材撮影していました。
私はお店の様子をよく見させていただいたあと、人気No.1の「ちくわパン」をとって、レジにむかいました。
精算するときにスタッフの方にたずねると、昨日6/1リニューアルオープンしたばかりとのこと。

明るい色の壁仕上げに、黒の柱・見切り材がきれいなコンストラストになっていてアクティブな空間になっています。
照明は、平均照度がそれほど高くないが、ちゃんと商品にダウンスポットが当たり、焼きたてのおいしさを演出しています。
接客は声出し声掛けをはじめ、多忙ながらもていねいに対応されてました。「売れる」強みを持ったお店です。

お店を出て、「ちくわパン」を食べました。
少しモチッとした生地のなかにちくわが入り、
そのちくわの中にはツナが詰まっています。
「ちくわパン」という名前から、なんかチープでミスマッチな先入観を持っていましたが、どうしてどうしてたいへん美味です。
どちらかというと「ツナ」を最大限に活かすための「ちくわ」と「パン」といいった印象でした。

他に新さっぽろでは、「北欧」「リトルマーメイド」「もりもと(菓子が中心)」などを訪問。

北海道、いいね。

http://www.dai1-t.com/
Posted by つの社長(角田 誠) on 10時54分16秒 │Comments(0)TrackBack(0)
この記事のURL  http://www.blsnet.co.jp/blog/dai1-t/index.cgi?mode=show2&ID=49
このブログのトップページへ
 この記事へのトラックバックURL
http://www.blsnet.co.jp/blog/dai1-t/trackback.cgi/49
 この記事へコメントする
名前 : メール :
URL :
コメント :
Copyright (C) 2004 - 2019 DAIICHI つの社長の日記. All Rights Reserved.(master)