[結工房の四季アルバム]

結農場(99)
自然の産物(74)
庭の植物(118)
結工房の仲間(30)
現場から(33)
季節と催しもの(205)
ノンジャンル(687)
ひまわり(2021/08/17)
春の庭(2021/04/01)
full blossom(2021/03/27)
桜開花(2021/03/12)
湘南ゴールド(2021/03/05)
春の訪れかな(2021/02/13)
蠟梅(2021/01/07)
明けまして、おめでとうございます。(2021/01/05)
紅葉(2020/12/15)
銀杏(2020/11/24)
2021年08月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年03月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
(19件中 11 - 19件目を表示)

スモークツリー2009年05月15日(fri)
その名の通り、煙の木に咲く花はこんな感じです。モアモアと煙が発っているようにみえるでしょう。不思議な木です。意外と育て方が簡単で、日当たりがよければ手間要らず。忙しい方でもぐんぐん育ちますよ。葉っぱも可愛くて、すぐ伸びるので、ちょっと拝借してお部屋に飾ってもいいですね。
Comments(0) 

床の下はどうなっているの???2009年05月13日(wed)
今、改修工事を進めているお部屋の一室を紹介致します。築30年ほど経っているマンションですが、お部屋のなかのお水やお湯の配管の劣化が進んでおり、配管の更新・交換をご提案した改修工事の途中になります。自分たちの目に見えない床の下の部分は、どうなっているのか? 考えていたよりも、皆さん、複雑でイメージがつかないというお客様が多く見られます。そこで床の下の配管の様子を覗いてみることにします。送信者 虎ノ門0...
Comments(0) 

ハナミズキ2009年05月13日(wed)
お庭からは気づきませんでしたが、あまりの暑さに窓を開けたら、ハナミズキの木にお花が咲いていました。あっちにも、こっちにも・・・。「ああ、お花があまり見えないから花不見木なのか?」なんて考えたのですが、それは間違い。お花が良く咲くミズキ(水木)科の木だからハナミズキだそうです。この名前はお店の名前やグループ名など色々なところで出会います。どうしてでしょうか。花言葉は「返礼」。過去にアメリカ合衆国へ日...
Comments(0) 

在り方2009年05月09日(sat)
美しいのは花だけじゃない。机にほろりと落ちた花、そこに映るまだ生きた花の影。照明の温かみを帯びた光を受けて、花瓶の中の花だけでなく、それを取り巻く空間すべてがひとつの在り方として美しい様をみせている。それはきっと人間同士にも同じことが言えるのではないだろうか。誰かひとりが輝いていても、周りにそれを見つけてくれる人、協力してくれる人、支えてくれる人がいないと輝きは成立しない。そんな当り前のことを…と...
Comments(0) 

テイカカズラ2009年05月07日(thu)
やっと、結工房のお庭のテイカカズラのお花が咲き始めました。早いところは、もっと前から開花していたので栄養不足か日照不足かと、少々心配しておりました。でも花つきもよく沢山咲いてくれそうです。年々大きくなっています。名前の由来が藤原定家に由来する説は有名です。愛する式子内親王様のお墓に定家の死後巻きついて生殖したのがこの葛でした。それゆえ「定家葛」と言われるそうです。墓地には植物が良く育つと言われます...
Comments(0) 

エゴノキ2009年05月04日(mon)
庭のエゴノキには沢山つぼみが垂れ下がり、今にも満開の兆しです。エゴノキは英語でJapanese snow bell(日本の雪の鈴)と言うそうで、その名の通り可愛らしい白い小さい花がついてリンリンと鳴りそうです。日本名のエゴノキとは、「えごい(苦い)」から由来しているのですが、苦い木と言われてもしっくりこないですね。味の名前が付いた植物は珍しいですよ。香りもいいですから苦さは想像がつきません。相当苦いのでしょうか。。...
Comments(0) 

雲行き2009年05月03日(sun)
今日は昨日の晴天とはうってかわって、少し曇りがちでしたね。連休後半は雨が降る模様。朝にやった庭の水は、もうすっかり干上がっていますが、その雨できっとまた潤い補給されることでしょう。空が曇りがちだと、意識もぼんやとしてしまいます。幼稚園の頃に歌った唄に、雨は神様の涙、という内容の唄がありました。だとしたら、神様はきっと今日はぼんやりと晴れない心模様だったのかもしれません。
Comments(0) 

五月晴れ2009年05月02日(sat)
いよいよ本格的な連休が始まりましたね。本日は行楽日和の、五月晴れ。工房の庭の机のうえ、猫が日向ぼっこしていました。庭にはちょくちょく猫たちが訪れ、喧嘩なのか愛情表現なのかはわかりませんが、にゃーにゃーと鳴いています。今日は、机の上で目を細めてまんまるになっていました。我が物顔で居座る姿は、さすが猫。あたたくて気持ちよさそうでした。
Comments(0) 

緑の地面の効果2009年05月01日(fri)
ここのところいいお天気が続いています。お庭に水遣りしていると苔がフカフカして来ました。温暖化や異常気象の影響で「日本から苔が消えるのも近い」と言われるこの頃、大切にしていきたいですね。土に植物があるだけで、土の保水量は明らかに違います。雑草が生えているだけでも違うんです。それにより地面の温度が下がり涼しく感じます。緑のカーテンがあると違うように、地面にも緑があるとないとで大きな差なのです。土がない...
Comments(0) 

2009
  1
  2
  3
  4
  5
  6
  7
  8
  9
  10
  11
  12
  13
  14
  15
  16
  17
  18
  19
  20
  21
  22
  23
  24
  25
  26
  27
  28
  29
  30
  31

Copyright (C) 2005 yuikobo. All Rights Reserved.(master)